旧齋藤家別邸は2012年6月9日より一般公開されています。詳しくは公式サイト
http://saitouke.jp/
をご覧ください。

【このブログの内容についてのお問合わせ】
メール→kamegai@kamegaiartdesign.com

【旧齋藤家別邸の公開日などについてのお問合わせ】
新潟市旧齋藤家別邸 TEL:025-210-8350


【「新潟ハイカラ文庫」さんによるまとめ】
湊町新潟の歴史と文化を愛する市民サークル「新潟ハイカラ文庫」さんによる、旧齋藤家別邸のまとめページは→こちら



<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

旧齋藤家別邸で「雛人形展」を開催します。

来たる3月2日(火)〜7日(日)の6日間、旧齋藤家別邸で雛人形展を行います。
「水と土の芸術祭」以降、調査やメインテナンスで入る事ができなかった旧齋藤家別邸ですが、今回のイベントが今年第1回目の一般公開となります。
皆様ぜひお誘い合わせの上、お越しください。

c0168712_2012623.jpg

『新潟湊 雛人形展』於旧齋藤家別邸

場所:新潟県新潟市中央区西大畑576 行形亭様隣(詳しくはこちらをクリック

日時:2010年3月2日(火)〜7日(日)の10時〜16時

観覧料:300円(中学生以下無料)

雛人形を飾る雛祭り。その起源は「ひとがた」に穢れを移し、「かたしろ」として流した古来の行事に、女の子の「ひいな遊び」が融合したものと言われます。紙ひいな、立雛という素朴な形から、泰平の江戸時代になると「寛永雛」「元禄雛」「享保雛」など、品格ある面立ち、豊かな装いの女雛男雛を一組とする典雅な雛人形に姿を変えていきました。

北前船と呼ばれた廻船の寄港地として栄えた新潟湊には、上方からこうした雛人形の文化も同時代に運ばれています。明治から昭和期に鍵富家、白勢家とともに新潟の三大財閥と呼ばれて栄えた齋藤家は、明治期に海運業ほかの経営で伸張した、近世廻船業の流れを汲む豪商です。

この齋藤家の豪壮な別邸の、初春の庭を観望するお座敷に、新潟に残る江戸期の雛人形の数々を飾り、北前船時代に殷賑をきわめた新潟湊の豊かな文化を偲びます。

*************************
■駐車場はございません。
 近隣の有料駐車場もしくは、公共交通機関をご利用ください。
■建物は一部のみ公開いたします。庭園に入ることはできません。
■充分な暖房がございませんので、暖かい服装でお越しください。
*************************

ちらしはこちらからご覧ください。

表.pdf(200KB)
裏.pdf(280KB)


また、同時期には旧齋藤家別邸の近郊や新潟市のあちこちで雛人形展が行われています。これを機会に「雛めぐり」を楽しんでみては?

以下に、その一部を紹介します(ちらしの裏面にも記載されています)

クリックして他の雛人形展の詳細を表示
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2010-02-17 20:07 | イベント予告

ひな人形展でボランティアを募集しています

来たる2010年3月2日(火)〜7日(日)の6日間、旧齋藤家別邸において「新潟湊 ひな人形展(仮称)」というイベントが行われます。詳しい内容は決定次第、順次告知してまいります。

当イベントでは、ボランティアスタッフを募集しています。

内容:展示会の監視スタッフ、受付など
募集人員:各日1〜3名程度
時間:(1)10時〜13時、(2)13時〜16時、(3)10時〜16時の3種類
その他:
駐車場などはご用意できません。
10時〜16時の場合は昼食時間を設けます。食事は各自ご用意お願いします。
当日は降雪も予想される上に、申し訳ございませんが殆ど暖房がありません。充分に暖かい格好でお願いします。

ボランティアをしていただけるという方は、

●メール(こちらをクリック)
●FAX:025−225−7203
まで、

0)題名「斉藤家ひな人形展ボランティアの件」
1)参加していただける日と時間帯(1)〜(3)
2)お名前(フリガナ)・性別・ご年齢
3)ご連絡先(できるだけ携帯で)・メールアドレス

以上をご記載の上ご連絡ください。こちらから折り返しご連絡いたします。
ご参加をお待ちしております。何卒宜しくお願いいたします。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2010-02-06 11:24 | イベント予告