旧齋藤家別邸は2012年6月9日より一般公開されています。詳しくは公式サイト
http://saitouke.jp/
をご覧ください。

【このブログの内容についてのお問合わせ】
メール→kamegai@kamegaiartdesign.com

【旧齋藤家別邸の公開日などについてのお問合わせ】
新潟市旧齋藤家別邸 TEL:025-210-8350


【「新潟ハイカラ文庫」さんによるまとめ】
湊町新潟の歴史と文化を愛する市民サークル「新潟ハイカラ文庫」さんによる、旧齋藤家別邸のまとめページは→こちら



<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

現在の活動について

「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」は、市所有の正式な契約が完了し6月議会で予算が議決されるまでの現在、定期的に役員による会合を開催し、新組織の内容や市との連携について協議を行っています。

また、6月に補正予算が議決された後も、調査・整備完了まで2〜3年かかる見通しであることから、その間の一般公開についても市と協議しつつ検討して参ります。

会の活動内容、新組織の動向に関しても引き続き当ブログで報告して参ります。何卒宜しくお願いいたします。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2009-04-16 17:47 | 活動報告

「緑百年物語 第20号」に掲載

(社)にいがた緑の百年物語緑化推進委員会の発行する冊子「にいがた緑百年物語 第20号」の巻頭に見開きで旧斎藤家・夏の別邸の記事が掲載されました。
c0168712_17302852.jpg

当会代表・小田良彦氏のインタビューで構成され、代表が当邸宅に初めて出会った時の様子や運動を始めるまでの経緯、庭園の価値や保存の意義について答えています。
当冊子は県庁他、新潟県の出先機関、市庁と支所などに置かれているそうです。

にいがた「緑」の百年物語ホームページ
(社)にいがた緑の百年物語緑化推進委員会
新潟市中央区新光町7番地2 新潟県商工会館5F
TEL:0215-290-8055
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2009-04-16 17:38 | メディア掲載

「有効活用 高まる期待」新潟日報記事

2009年4月15日付新潟日報朝刊に記事が掲載されました。当会の新組織への移行に関して、当会小田代表、大倉副代表のコメントが引用されています。他に市のコメントとして
「これまでにない可能性を持つ施設」として期待する市は、歴史文化、まちづくり推進、企画調整の各課を中心に、今後の活用の在り方を検討する。
(中略)
正式な手続きを経て所有が決まれば、複数の活用方法を社会実験的に試すことも検討している。
(中略)
市によると、同別邸の耐震性などの調査だけでも約一年、本格的な整備を終えるには二、三年かかる見込み。「その間、クローズしておくのはもったいない」(市)との考えがある。
新潟日報2009年4月15日朝刊より

などの内容が掲載されています。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2009-04-16 16:57 | メディア掲載

「4億7千万円で購入へ」新潟日報記事

2009年4月7日付、新潟日報朝刊に記事が掲載されました。新潟市の方針として、旧斎藤家・夏の別邸を、現在所有する管理会社から4億7千万円で購入する方針を決めたそうです。この予算は市議会6月定例会に提出する補正予算案に盛り込まれる見通しです。

新潟日報On Lineより
c0168712_11294894.jpg

[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2009-04-07 11:29 | メディア掲載