旧齋藤家別邸は2012年6月9日より一般公開されています。詳しくは公式サイト
http://saitouke.jp/
をご覧ください。

【このブログの内容についてのお問合わせ】
メール→kamegai@kamegaiartdesign.com

【旧齋藤家別邸の公開日などについてのお問合わせ】
新潟市旧齋藤家別邸 TEL:025-210-8350


【「新潟ハイカラ文庫」さんによるまとめ】
湊町新潟の歴史と文化を愛する市民サークル「新潟ハイカラ文庫」さんによる、旧齋藤家別邸のまとめページは→こちら



カテゴリ:旧市民の会コンテンツ( 10 )

現在の署名数

篠田新潟市長宛
旧斎藤家・夏の別邸の庭園、邸宅を後世に伝えるため新潟市による購入、保存、公開、活用を求める署名数

2008年12月24日現在

26,379名

私たちの当面の目標であった署名数10,000名を大きく超える結果となり、皆様には大変感謝いたしております。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
二次集計分を含め26,379名分の署名を市長に提出いたしました。重ねて御礼申し上げます。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-12-16 21:13 | 旧市民の会コンテンツ

10/25一般公開時に寄せられた全コメント

去る10月25日に行われた、第2回一般公開の際に寄せられた全コメントを以下に掲載します。館内と出口に設置したノートに書き込んでいただきました。

※お名前をご記入いただいた方に関しては、イニシャルで表記しております。ご了承ください。

↓ここをクリックして続きを読む
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-11-12 16:20 | 旧市民の会コンテンツ

署名について

多くの皆様のご協力により、9月25日に16,619人の名前・住所が記載された署名簿を、新潟市長に提出することができました。

今後も引き続き署名は集めておりますので(第2回の提出日は決まり次第このブログででご報告いたします)、よろしくお願いいたします。


第2回の署名締め切り日が決定しました。
11月20日
となります。
引き続き署名にご協力をお願いいたします。

[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-09-19 14:10 | 旧市民の会コンテンツ

8/24一般公開会場で寄せられた全コメント

8月24日の一般公開会場でご記入いただいたコメントを以下にすべて紹介します。
(お名前はイニシャルとさせていただきました)

※皆様からのコメントを随時募集しております。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。

↓クリックして続きを読む
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-24 22:04 | 旧市民の会コンテンツ

公開用コメントをお寄せください!

「旧斎藤家・夏の別邸」を救うために、
公開用コメントをお寄せください!!


当会が今後活動を続けていくにあたり、マスコミやパンフレット、ホームページで公開させていただくことを前提とした、皆様からのコメントを募集しています。

皆様の旧斎藤邸保存に向けた熱い想い、歴史的・物理的な価値、新潟市・新潟市長・新潟人へ向けたアピールなど、何でも結構です。

いただいたコメントは、パンフレットや各種メディア・ホームページにて公開させていただくことがあります。ご了承ください。

コメント内容は

(1) 45文字程度の短いもの
(2) 文字量にこだわらないもの

の2種類で募集しています。

コメントの最後には必ず

●お名前(実名もしくはイニシャル)
●記載可能であれば、ご職業・所属団体・企業名

を御記入ください。

コメントは、当エントリへのコメント欄(下の「Comment()」をクリックすると記入欄が出ます)に御記入ください。


お手数をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。



※8/24一般公開にいらっしゃった方に会場で書いていただいた全コメントは、こちらに掲載しています。

[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-18 14:46 | 旧市民の会コンテンツ

保存に際しての問題点

【この記事は2008年の保存活動中のものです】
2009年春に新潟市による購入が決定しました。
当記事は記録のために保存してありますが、内容はすべて掲載当時のものであり、現在の状況とは異なっています。
何卒宜しくお願いいたします。



「旧斎藤家・夏の別邸」保存に際しての問題点は、約6億円と言われている購入費用は勿論のことなのですが、その後の維持・運営方法にあります。

旧斎藤家・夏の別邸の維持費用は庭園・建物合わせて年間600〜1,000万円以上と推定されます。このランニングコストを考えた運営プランを考える必要があります。

(もしくはこの維持費を低減するプラン:例えば日本の伝統文化を伝える施設として、庭(庭師)、建物(大工)、座敷(お茶・お花)などそれぞれの文化・技術を伝えるカルチャースクールの題材として提供。メインテナンス自体をPRポイントにする、等)

いずれの組織が購入しても、この問題は避けることはできません。この素晴らしい庭園・邸宅を生かし、新潟の文化施設として有効活用できるプランが求められています。

ご覧の皆様でもし良いアイデアをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当会までご意見をお寄せください。

当エントリのコメントに御記入いただくか、

「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」事務局
〒951-8066 新潟市東堀前通1-353
新潟まち遺産の会事務局内

【メール】
ここをクリックしてメールを送信(まち遺産の会)

までメールをください。
是非よろしくお願いいたします。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-11 23:01 | 旧市民の会コンテンツ

発起人一覧

「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」発起人は以下の通りです。
(2008年8月11日現在)

↓ここをクリックして一覧を見る
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-11 19:03 | 旧市民の会コンテンツ

斎藤家夏の別邸が保存・公開されることで期待される効果

1新潟市中心部の文化ゾーン「西大畑」の中核となる施設に
西大畑地区は市美術館、会津記念館、北方文化博物館、砂丘館(旧日本銀行新潟支店長宅)、新潟大学あさひまち展示館、新津記念館などの文化施設が点在し、また国登録有形文化財の料亭行形亭、スイスの建築家ヒンデル設計のカトリック教会、新潟市長公舍、旧副知事公舍(レストラン「ネルソンの庭」)などの歴史的建築が多く残る地域です。斎藤家夏の別邸が市民の施設として公開されることになれば、この文化、歴史的地区の中核となる施設となり、地域の魅力を格段にアップさせることができます。

2新潟市の観光スポットに、迎賓館に
新潟市は長い歴史を持つ町でありながら、旅行者が歴史を感じることのできる場所が少ないと言われてきました。かつては重要文化財の旧税関、県政記念館のほか、近年は新津記念館、燕喜館(旧斎藤家座敷)、砂丘館、旧第四銀行住吉町支店などの歴史的建築が公開され、平成23年には回船問屋の屋敷旧小沢邸も補修工事が終り公開される予定です。斎藤家夏の別邸がさらに公開されれば、新潟市は他の歴史的都市と比較しても遜色のない歴史的資産の公開施設を中心部に持つ都市となります。特に小大名庭園とも言えるその庭園は、新潟のもっとも重要な観光スポットとなることが期待されます。また市内中心部にはない重要な賓客(VIP)を迎える迎賓館としての活用も期待されます。

3都市部の公園面積の増加へ
政令市のなかでも新潟市は中心部の緑が少なく、合併前の旧新潟市では市民一人当たりの公園面積が4.3平米と全国の同規模都市平均値の6.5平米を大きく下回っています。(新潟市緑の基本計画'98より)新潟島ではさらに緑が少なく、海岸の松林である西海岸公園、元来は神社の境内である白山公園はあるものの、本格的都市公園がありません。その中で斎藤家別邸の庭園は、行形亭の緑地と一体となって最大級の緑地を形成しています。同家の広い庭園が公の庭園となることで、他の政令市の平均により近づき町の雰囲気を大きく変える効果が期待できます。

(参考)
政令市の主要公園・緑地・庭園
札幌 大通り公園、中島公園
仙台 青葉山公園(城跡)、西公園、定禅寺通り、良覚院丁公園(緑水庵庭園)
千葉 千葉ポートパーク、みなと公園、亥鼻公園(城跡)
東京 日比谷公園、代々木公園、浜離宮庭園、後楽園など多数
横浜 山下公園、港の見える丘公園、臨港パーク、三渓園(民間庭園)
大阪 中之島公園
福岡 天神中央公園、大堀公園、友泉亭(大名庭園)
新潟 白山公園(神社境内)、西海岸公園(松林)

4新潟の伝統文化を伝える施設として活用を
文化財保存は現在静的な保存から動的な<活用>が重視されるようになっています。斎藤家夏の別邸も、民間への依託や指定管理者制度などを活用し、財政に負担の少ない維持管理を行うことが可能です。
また、新潟は全国でも有数の規模の市民茶会の行われる町。そして全国に名をしられた花街、料亭文化の栄えた町でした。斎藤邸の広大な日本庭園や大正の建築物を使い、「日本庭園文化」「伝統建築技法」「華道」「茶道」等の伝統文化を継承・学習する場として最適の場所です。維持そのものを文化として継承する場にすることで維持費を低減し、なおかつ市民や旅行者が伝統文化を身近に触れるコミュニティセンターとして「活用」することができるのではないでしょうか。

【歴史的建築物の活用例】

●旧新潟県副知事公舎『ネルソンの庭(レストラン)』ホームページ

●旧第四銀行住吉町支店『ぽるとカーブドッチ(レストラン)』ホームページ
建物の詳細はこちら
↓玄関写真
c0168712_1851217.jpg



【一般公開お知らせのチラシ】
●→ちらし(PDF/380KB)

【旧斎藤家・夏の別邸の危機についての説明チラシ(A3横)】
●→ちらし(PDF/1MB)

※プリントアウトしてお知り合いにお渡しください。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-10 23:34 | 旧市民の会コンテンツ

署名簿ダウンロード

署名簿は以下のPDFをダウンロードしてお使いください。
※署名されるかたの居住地は問いません!!

syomei.pdf

署名がとりまとまりましたら、お手数ではございますが、お近くの発起人にお渡しいただくか、下記まで郵送ください。
「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」 事務局

〒951-8066 新潟市中央区東堀前通1-353
新潟まち遺産の会 内
TEL:025-228-2536

※切手を貼らずに署名簿を送付できる「料金受取人払封筒」を多数用意しています。ご覧になった皆様から、更に他の方へ署名運動をお広めいただく際にご利用ください。封筒の必要な方は、恐れ入りますがお近くの発起人までお問い合せください。

****************

また、以下の場所に料金受取人払封筒、署名簿、パンフレットを用意しております。ご自由にお持ちください。(上記書類を置いていただけるという店舗・事務所の方がいらっしゃったら、こちらまでメールください。お届けいたします)

●新潟絵屋/新潟市中央区上大川前通10番町1864/TEL & FAX 025-222-6888
場所はこちら

●砂丘館/新潟市中央区西大畑町5218-1/TEL & FAX 025-222-2676
場所はこちら

●伊藤純一アトリエ/新潟市中央区東堀前通り1番町353/TEL 025-228-2536
場所はこちら

●カメガイアートデザイン/新潟市中央区高美町1-16/TEL 025-285-3045
場所はこちら

●Hello!マイホーム/新潟市東区大山2丁目11-14/TEL 025-250-8123
場所はこちら

●ベロタクシーステーション(サイクルシテイにいがた)/新潟市中央区古町通2-531/TEL 025-210-3377
場所はこちら

●hickory03travelers/新潟市中央区古町通3番町657/TEL 025-228-5739
場所はこちら

●ワタミチ/新潟市中央区古町通3番町556/TEL 025-225-0355
場所はこちら

●蔵織(くらおり)/新潟市中央区西堀前1-700/TEL 025-211-8080
場所はこちら

●marilou(マリールゥ)/新潟市中央区東中通1-86-28サカイビル 1F/TEL 025-228-0470
場所はこちら

●岡仙汲古堂/新潟市中央区西堀通6番町887/TEL 025-228-6064
場所はこちら

●北方文化博物館/新潟市江南区沢海2丁目15-25/TEL.025-385-2001
場所はこちら

●北方文化博物館・新潟分館/新潟市中央区南浜通2番町562/TEL.025-222-2262
場所はこちら


何卒宜しくお願いいたします。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-08 22:28 | 旧市民の会コンテンツ

ご覧になった方々に、お願いしたいこと

【この記事は2008年の保存活動中のものです】
2009年春に新潟市による購入が決定しました。
当記事は記録のために保存してありますが、内容はすべて掲載当時のものであり、現在の状況とは異なっています。
何卒宜しくお願いいたします。



このブログをご覧になって、旧斎藤邸のことを知り、保存活動に賛同していただいた上で「じゃあ、実際に何をすれば良いの?」と思われた方へ。

旧斎藤家・夏の別邸の保存に向けて、協力していただけることは、以下の通りです。ぜひご一読いただき、実行に移していただけましたら何よりの幸いです。

【1】「旧斎藤家・夏の別邸」の危機について、もしくはこのブログの存在について、できるだけ多くの人に広めてください。

旧斎藤家・夏の別邸は私邸であったため、これまでも新潟の殆どの方がその存在を知りませんでした。中央区の一等地にこれだけの面積を占める広大な、素晴らしい庭園と邸宅が存在し、しかも良好な状態で維持されていたという事実は、それだけでも驚くことです。今後一般公開などでご覧になった市民・県民の方は、そのスケールと雰囲気にきっと圧倒されることでしょう。衛星写真で見ても、その庭園のスケールの大きさは一目瞭然です。(Google Earthで見た旧斎藤家・夏の別邸です)
c0168712_22321759.jpg



しかし本邸は、元の持ち主から資産管理会社へと所有が移り、その管理会社は2008年内の売却を予定しています。このまま買い主が現れなければ、建物や庭園の維持を前提とした現在の条件は緩められ、マンションなどの建物になってしまう可能性があります。

しかるべき持ち主が現れ、観光地として、もしくは営業施設として運営管理されれば、間違いなく新潟の名所と成りうるであろう旧斎藤家・夏の別邸。決して失う事は許されないと活動してきた私たちですが、やはりその力にも限界があります。

まずはできるだけ早急に、多くの市民・県民の方にこの問題を知っていただき、世論を高めていくことが必要です。

できるだけ多くのお知り合いの方に、この問題の存在を紹介してください。そしてこのブログの事を教えてください。ご自身でホームページやブログを運営されている方は、エントリ上でこのブログを紹介してください。宜しければ以下のバナーもお使いください。
皆様のご協力を、お願いいたします。

【リンクバナー/200×40pixel】
c0168712_2243610.gif

【リンクバナー/486×60pixel】
c0168712_22431854.gif


【一般公開お知らせのチラシ】
●→ちらし(PDF/380KB)

【旧斎藤家・夏の別邸の危機についての説明チラシ(A3横)】
●→ちらし(PDF/1MB)

※プリントアウトしてお知り合いにお渡しください。



【2】署名運動にご協力いただけます。

新潟市による旧斉藤邸購入の決断を促すため、この貴重な文化遺産の保存を願う市民や団体、企業の方々からも、市の購入による保存を求める署名をお願いします。

※署名される方の居住地は問いません!!

民間がまちを、文化を作り、文化を支えてきたのが商都新潟の伝統でした。合併して市域は広がりましたが、その中心部である旧新潟町の文化的資産を守ることで、新市域にものこる歴史文化遺産を生かしたまちづくりの機運を高めるよき機会ともなります。

署名簿のダウンロードはこちらのページから行うことができます。

署名が集まりましたら、お近くの発起人にお渡しいただくか、もしくは大変恐縮ですが事務局までご郵送いただけますでしょうか。

郵送先は以下の通りです。

「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」 事務局

〒951-8066 新潟市中央区東堀前通1-353
新潟まち遺産の会 内
TEL:025-228-2536

※切手を貼らずに署名簿を送付できる「料金受取人払封筒」を多数用意しています。ご覧になった皆様から、更に他の方へ署名運動をお広めいただく際にご利用ください。封筒の必要な方は、恐れ入りますがお近くの発起人までお問い合せください。

****************

また、以下の場所に料金受取人払封筒、署名簿、パンフレットを用意しております。ご自由にお持ちください。(上記書類を置いていただけるという店舗・事務所の方がいらっしゃったら、こちらまでメールください。お届けいたします)

●新潟絵屋/新潟市中央区上大川前通10番町1864/TEL & FAX 025-222-6888
場所はこちら

●砂丘館/新潟市中央区西大畑町5218-1/TEL & FAX 025-222-2676
場所はこちら

●伊藤純一アトリエ/新潟市中央区東堀前通り1番町353/TEL 025-228-2536
場所はこちら

●カメガイアートデザイン/新潟市中央区高美町1-16/TEL 025-285-3045
場所はこちら

●Hello!マイホーム/新潟市東区大山2丁目11-14/TEL 025-250-8123
場所はこちら

●ベロタクシーステーション(サイクルシテイにいがた)/新潟市中央区古町通2-531/TEL 025-210-3377
場所はこちら

●hickory03travelers/新潟市中央区古町通3番町657/TEL 025-228-5739
場所はこちら

●ワタミチ/新潟市中央区古町通3番町556/TEL 025-225-0355
場所はこちら

●蔵織(くらおり)/新潟市中央区西堀前1-700/TEL 025-211-8080
場所はこちら

●marilou(マリールゥ)/新潟市中央区東中通1-86-28サカイビル 1F/TEL 025-228-0470
場所はこちら

●岡仙汲古堂/新潟市中央区西堀通6番町887/TEL 025-228-6064
場所はこちら

●北方文化博物館/新潟市江南区沢海2丁目15-25/TEL.025-385-2001
場所はこちら

●北方文化博物館・新潟分館/新潟市中央区南浜通2番町562/TEL.025-222-2262
場所はこちら




【3】発起人になることができます。
活動に賛同いただける方は発起人として活動に参加することもできます。署名の取りまとめ等の他には、今後予定しているイベントのスタッフ、お手伝いとしてご協力いただくことができます。発起人として参加をご希望の方は、こちらまでメールをください。


【4】寄付にご協力ください
「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」の活動にご賛同いただける方からの、寄付金を募っています。活動に際しての印刷物製作費、事務所の電話費、一般公開に際しての諸経費などさまざまな活動経費が必要となっています。

寄付金の口座は以下の通りです。
ゆうちょ銀行
口座番号 00560-7-48074
加入者名「旧斎藤家夏の別邸の保存を願う市民の会」

上記【2】の書類の置いてある施設にも、振込用紙を準備しております。
[PR]

by SAVE_SAITOUTEI | 2008-08-08 18:07 | 旧市民の会コンテンツ